変わりモノがいい!

変わりモノには価値がある・・・ハズ?

Logicool MX Keys Miniを買いました。

久々にキーボードを買いました。

物欲に負けないように節制を続けていましたが、6月になったということを理由にキーボードを買いました。
会社をリタイヤして時間は嫌と言うほどあるので色々と調べました。
キーボードって奥が深いみたいで、巷ではキーボード沼なんて言われるぐらい、究極のキーボードを求めてキーボードを買いまくる人もいるみたいです。


高いものは裕に3万円を超えます。
僕がい余んで使っていたものは、3600円のものなので3万円のキーボードなんて想像もできません。
今回、なぜキーボードを買い替えようと思ったかと言うと、Twitterの記事を書くときに誤入力になる場合が多く、この原因は僕の打ち方にあると思っていたのですが、ネットを色々見てみると今使っているキーボード固有の問題かもしれないと思い、買い替えてみようか、と思ったことが理由です。
今、僕が使っているキーボードは、LogicoolのK380というワイヤレスキーボードです。

これはBluetooth接続でボタンを押すだけで3つのデバイスに切り替えることができるという便利な代物で結構気に入っています。
ところが誤入力をしてしまうという問題がありました。
大量に記事を書くわけでもなく時間に追われていることをやっているわけでもないので気にしないでいました。
ところがある時からキーボードについて調べているとk380の記事にも出会い、褒めているものもありましたが誤入力のことを書いている記事もありました。
誤入力の原因として挙げられていたのがK380のキーピッチが18㎜であるということ。
通常はキーピッチは1㎜でありmm狭いということになります。
たった1mmと思いますが違うようです。
そうか違うのか、というのが率直な感想でした。
でもK380は結構便利なキーボードなので買い替えるかどうかは悩みに悩みました。
それと買い替えるにしても何を買う?となります。
カニカルキーボードが人気みたいなので色々としらべましたが、どうも踏ん切りがつかず調べに調べて悩みに悩んだ結果、Logocool MX Keys MiniというK380の良い点である3つのデバイスをボタンで切り替えることができるキーボードを買うことにしました。

sakidori.co

www.logicool.co.jp

ということでMX Keys Miniを買いました。

パッケージがこちら。
箱の上にあるキーボードが今まで使っていたK380です。

箱を開けると、あれまあ、きれいな紙に包まれています。


取り出したのがこちら。
キーピッチが1mm広い分、K380よりだいぶ大きく感じます。


数日前から使い始めましたが、キーピッチ1mmの違いを痛感しています。
確かに以前のような誤入力は無くなりました。
ところが、体と言うか指がK380のキーピッチに慣れてしまっているのでMX Keys Miniのキーピッチがやたら広く感じキーを打つのに指の移動量が足りないという現象が起きています。
しばらくの間は、ゆっくりめで指をキーボードに慣らしていく必要がありそうです。
でも慣れれば、このキーボードは非常に打ちやすいキーボードになるだろうということが今の時点でも感じます。

www.benrilife.com

初めて1万円越えのキーボードを買ったわけですが、投資に見合った使い方をするように、このキーボードを使ってブログの記事を書いたりTwitterをしたりプログラムを書いたりしていきたいと思います。
ということで今日はここまで。
まだまだ慣れないキーボードを使って書いた記事でした。
でま、また。

Mouse ComputerのタブレットPC E10を買いました。

物欲に負けてタブレットPCを買いました。

長くブログの記事を書いていませんでした。
久々に書く記事はお買い物の記事です。
と言うのも、ちょっと前に買ったLenovoIdeapad Duetをメルカリで売ったので代わりのタブレットPCを探していました。
LenovoIdeapad DuetはChrome OSで何というか使う用途がイマイチはっきりしない状態でした。
なんで買ったのと、という声も聞こえますがメルカリで買っちゃったんですね。
今回買ったMouse ComputerのE10はその売上代金より安い、なんと14800円でした。
それも日本製です。


安いことは良いことではありますが、これで利益がでるんだろうかと心配になります。

www.mouse-jp.co.jp

早速設定してみました。

先週手配して、昨日届いたので早速設定してみました。
搭載されているCPUはCeleronのN4000です。
お世辞にも速いとは言えず、最近のパソコンに慣れている身からするととても遅いCPUです。
E10はwindows11にアップグレードできるので試しにやってみましたが日が暮れるどころの話ではありませんでした。
でも1回だけの問題なので全く気になりません。
ウェブやyoutubeやOfficeを使う上では全くストレスを感じませんでした。
14800円のE10にはなんとWPSのOfficeまで付いています。
コスパは最高に良いと思います。
そうやって立ち上げたE10の写真の幾つかを掲載します。
   カバー兼用のキーボードの背中


  E10本体の背中、ここに付属のペンも収納できます。
  持ち運ぶ時の取っ手がスタンド兼用になっています。


   正面から見たところ
   キーボードにはタッチパッドも付いていますが、このタッチパッド
   癖があって上手く使うにはコツがいります。


   Windows11が立ち上がったところです。
   正直なところwindows11には変更しないほうが良いです。
   インタフェースがMacふうになっているところがありwindows10との
   共存は手間がかかるだけですね。
   僕はレジストリを書き換えてwindows10のインタフェースになるように
   変更しました。


   その結果が、コレ


   これがキーボードです。
   まだ少ししか使っていないですが、何とか使うことはできると思います。


   このキーボードは着脱式で、切り離すとこうなります。


   E10をタブレットっぽくしたところ


これが14800円です。
安すぎだろ、と思いました。
日本国民全員がパソコンを持ったと仮定して、5割の人はE10で十分に役に立つと思います。
僕は今からE10をタブレットとして使ったり、ミニPCのサブスクリーンとして使ったり、ミニPCからリモートPCとして使ったりしてE10の役割を決めていこうと思います。

今日はここまで。
では、また。

いろんなおもちゃを買いました(買っていました)

知らない間にこんなに増えていました。

この2年間に買ったクルマ系のオモチャを整理してみました。
なんとこんなにありました。

f:id:ken2017:20220417181147j:plain
その数、8個
よく買ったものです。
どれも楽しませてくれました。
この記事では、これらのオモチャの動画を紹介することで、皆さんにも楽しさを伝え、少しでも興味を持ったならば是非購入して体験してもらえればと思っています。
武漢ウイルスで楽しくなくなった日々の暮らしに少しでも変化をつけ、消費活動に結び付けれればとも思っています。
それでは始めます。
まずは、写真の左上のクルマ。
これは、PiCar-VというものでRaspberry Piを搭載しており、カメラからの画像を処理して自動走行させたりして遊ぶものです。
その動画がコチラ。


www.youtube.com

この動画は刺激的でした。
PiCar-Vがライントレースしているのではなく、景色を認識して走行速度や操舵角を計算しているものでした。
思わず、僕も作ってみたい、と思い、PiCar-Vを買っちゃいました。

そして作ったものがコチラ。

youtu.be

なんとか学習結果に基づいてカメラからの映像を処理して自動走行しています。
ギリギリですけどね。
楽しいクルマと言えばコイツですね。
Rover-Cです。

www.switch-science.com


www.youtube.com

これはメカナムホイールを使っていて前後左右斜めまで自由自在に動けます。
これにはビックリです。
しかし、これを普通にJoystickで動かすだけでは面白さが足りないので、Rover-Cにカメラを搭載してライントレースで自律運転するようにしました。
それがコレ。
写真の水色のユニットがカメラです。
このカメラをRover-Cとシリアル通信で接続してカメラからの情報から黒いラインを見つけ、そのラインにそって走るようにしています。

youtu.be

結構、かわいい走りをしています。
続いて紹介するものは、趣を変えてラジコンです。
その名は、Turbo Racing

1/76モデルで、クルマのサイズは横25mm、縦50mmです。
この小さなクルマを無段階制御で動かすことができます。
これにはビックリです。


www.youtube.com

クルマの自動運転はプログラムを作り、学習走行もゆっくりやればいいので何とかできますが、ラジコンは難しかったです。
練習していないので下手糞のままです。
円形走行もままなりません。
練習しないといけませんね。

youtu.be

続いては、Zumo Robot
これはArduino Unoで動かすロボット用プラットフォームです。
4輪ではありますが、モータは2個で走行と操舵の制御をします。
このプラットフォームに色々なものを付けることでサッカーをしたり相撲をしたりライントレースをしたり物体の追跡をしたりできます。
こういうプラットフォームってありそうで無いんですよね。

www.switch-science.com


www.youtube.com

僕は結構、Zumo Robotが気に入っていて色々な動かし方を試してみました。
Zumo Robotにライントレースさせたものがコチラ。

youtu.be

レーザー距離センサを使った自動運転がコチラ。

youtu.be

ここまで色々と書いてきましたが、大問題が残っています。
大枚をはたいて買ったJet Racer Proを思うようには動かせていません。
思うように動かせるようになるとこうなります。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.waveshare.com

昨年の6月の動画がコレ。
情けない姿です。
Jet Racer Proの走行速度が速くて学習するのに四苦八苦しています。
また、Raspberry Piで立ち上げ、途中でJetson Nanoに切り替えたのですが、その際に部品が壊れたり色々なことがあって回復はさせたのですが、そこで中断したままになっています。
そろそろ再開しますかね。

youtu.be

今回の記事を書いたのは、過去を振り返ることで、創作意欲がわいてくることを期待したからです。
毎日、youtubeを観て遊びほうけた脳に刺激を与えることができたかも知れません。
ちょっとづつエンジンを動かしていこうと思います。
今日はここまで。
では、また。

 

ハードディスクを増設しました。

SSDではなくHDDを選択しました。

Minisforum TH50を使い始めてまだ日が経っていませんが、Minisforum TH50のSSD容量は500GBで十分のようで十分でない感じです。
Steamとかのゲームプラットフォームで色々なゲームを楽しむためには500GBでは心もとない感じです。
Minisforum TH50には増設スロットがあり、3種類の大容量ストレージを増設できます。
1つは、M2.SSDですね。
あと2つがSSDまたはHDD用SATAインタフェースが2ポート
M2.SSDは超高速だが、お値段も高く高熱になります。
SSDは、今はノートパソコンの標準ストレージになっているがHDDより容量が小さく高価。
HDDは大容量が比較的リーズナブルな価格で手に入ります。
Minisforum TH50にはM2.SSDが500GB搭載されていることも有り、今回は大容量HDDを増設することにしました。

f:id:ken2017:20220330155553p:plain
OSはM2.SSDに入っており、高速が必要とされるアプリはM2.SSDに入れ、そこまで高速が必要でないアプリやデータファイルはHDDに入れようと思います。

選んだHDDがコチラ

選んだHDDはSeagateの2TBのHDDです。

Minisforum TH50には2.5インチで7mm以下のSSDやHDDが搭載できます。
2TBの容量で2.5インチで7mm以下の厚みのものはSeagateのこのタイプのHDDしかありませんでした。
大容量のHHDは3.5インチまたは2.5インチでも9.5mmとかもっと厚いものになります。
そのため、今回は2.5インチで7mmの中で最大容量を持っているSeagateのHDDを選ぶこととしました。
昨日手配して今日届きました。
パッケージはコレ。

f:id:ken2017:20220330160456j:plain
早速、箱を開け本体を取り出しました。

f:id:ken2017:20220330160604j:plain
裏面がコチラ。

f:id:ken2017:20220330160649j:plain
それでは実装します。
まずは、Minisforum TH50の蓋を外します。

f:id:ken2017:20220330160748j:plain
外した蓋にHDDを取付けて金具で固定します。

f:id:ken2017:20220330160837j:plain
そしてSATA用ケーブルを接続して蓋を閉じれば終わり。
簡単です。

f:id:ken2017:20220330160939j:plain
これでストレージ容量を2.5TBに拡張できました。
容量を気にしないで使うことができます。
ちなみにHDDのお値段は8369円
当分は無駄遣いができないですね。
今日はここまで。
では、また。

 

加齢には勝てません。

最近目の調子がイマイチと思っていたら・・・

先の金曜日に広島に行くことがありました。
帰りが夕方になり高速を降りる前ぐらいにはすっかり暗くなりました。
走っていると前の車のテールランプが円周上に複数見えることに気づきました。
???メガネの調子がイマイチか?と左目、右目と目をつぶって調べてみると、右目だけが見え方が変でライトが円周上に沢山見えていました。
運転を注意しながら家まで帰り、家にある別のメガネで試してみたが症状は同じでした。
目に異常が起きたようです。
眼科に行って調べるしかないですね。
眼科には5年前の渡米時に目の調子を調べるために行って以来です。
その前は、更に5年は遡った時期に網膜剥離が起きかけていたのをレーザー治療で処置したのが最後です。
ということで嫁が通っている2つ隣の市の眼科に行くことにしました。

f:id:ken2017:20220327092807j:plain

予約なしで行っても比較的早く診てもらえました。

いつも通っている総合病院では予約なしで行くと軽く3時間以上は待たされます。
看護師の対応もイマイチです。
ところが今回行った眼科は待ち時間は1時間以内で受付も看護師も対応はとても優しく、総合病院の対応との違いを強く感じました。
個人病院は評判が落ちると影響が大きいんだろうなと思います。
眼科では、昔ながらのレンズ交換の方法で視力を調べたと思ったら、初めて見るような機器で目の状態を調べました。
使った測定器の数は6種類ぐらいあったと思います。
その中で、聴力検査の時に聞こえたらボタン押して、というのがありましたが、それに似たもので、光が見えたらボタン押して、というものがありました。
色々な測定器があるんだなと感心しきりでした。
検査の結果、みごとに右目は白内障で予想外でしたが左目が緑内障でした。
原因は、加齢と強度の近視ですね。
ちなみに白内障とはこんなものです。

sakuradaganka.jp

そして緑内障とはこんなものです。

sakuradaganka.jp

ちなみに、この記事を出しているさくらだ眼科に行きました。
緑内障の検査結果の例を下の図に示します。

f:id:ken2017:20220327094529j:plain

色が濃くなっているところが病状が進んでいるところとのことです。
僕の場合は、左目の右下エリアが大きく真っ黒っぽくなっていました。
検査の後で、片方ずつ目を閉じて視野を調べてみると確かに左目の視野が右目に比べて狭くなっていました。
でも、日常生活では気が付かなないものです。
白内障の手術では目の中にレンズを入れることになるので視力の調整ができます。
今回は右目だけが良くなかったわけですが、右目だけ視力を回復するわけにもいかず、かといって視力を回復させずに白内障主日だけをしても、いづれ左目も白内障になる可能性は高いわけで、手術は両方の目に対して行うことにしました。
白内障の手術数は多いようで、一番早い日程でも7月の中旬まで待つことになりました。
歳を取ったことを時々は感じますが、今回の件は明確に加齢によるものであり、確実に歳を取っていっていることを痛感する次第です。
心筋梗塞網膜剥離直前、心房細動、急性心不全ときて今回は白内障緑内障です。
先日、前期高齢者の仲間入りをしました。
後期高齢者の仲間入りができるようにもう少しは健康に気を付けるようにしますかね。
皆さんも健康には注意を!
今日はここまで。
では、また。

 

Minisforum TH50立ち上げ状況

開発環境を構築中です。

Minisforum TH50の使用目的ですが、今、Surface Laptop2でやっていることの内、事務的な内容とメール以外のものを移植しようと思っています。
そのため、まずはMinisforum TH50の菅発環境を整備するところから始めようと思います。
まずは、Anacondaから開始。

f:id:ken2017:20220321103427j:plain
Anacondaのもとでpythonの開発をしていきます。
参考にしたのは、この記事です。

www.creativevillage.ne.jp

これで環境ができましたので、TELLOのコード開発のために下の記事にある内容を実施してpythonのインストールをしました。

qiita.com

これでTELLOだけでなくpythonを使った色々な開発がきるようになりました。
pythonを使った開発において、windows環境だけでは色々と不都合なことが起きます。
それを回避するためにはUbuntuを入れる必要があり、過去にも色々な形でUbuntu環境を作ってきました。
一番新しいところでは、Surface Laptop2にHyper-Vを使ってUbuntu環境を作りました。

f:id:ken2017:20220321104600p:plain
Hyper-Vも悪くはないのですが、SSDを切り分ける必要があること、メモリも必要な容量を分ける必要があることがちょっと気になっていました。
できればそういうことはしたくないな、と思っていました。
また、錯覚かも知れませんが、Hyper-Vの反応が少し持ったりしているようにも感じていました。
そういう中で偶然に見つけたのが、この記事です。

rightxlight.co.jp

あれまあ、Hyper-Vを使わなくてもwindowsの標準的な機能を使ってUbuntu環境を作れるんだ、と思いました。
でも、これだけではデスクトップ環境ではなくターミナル環境になります。
そこで色々と調べてみるとありました。
デスクトップ環境の構築方法が書いてある記事がありました。

astherier.com

これを実行してMinisforum TH50にUbuntu20.04LTSのデスクトップ環境を構築しました。
そしてUbuntuを動かした結果がコチラ。

f:id:ken2017:20220321111238p:plain
これでpythonのため開発環境は整いました。

さて次は?

Minisforum TH50の使用目的には高性能なシングルコアであるCore i5 11320Hと高性能なGPUであるIntel iRIS Xe Graphicsを使ってのゲームをすることがあります。

f:id:ken2017:20220321111633j:plain
ということで、次はSteamをインストールし、MacbookwindowsにインストールしたSteamのゲームの移植をやろうと思います。
今日はここまで。
では、また。

 

Minisforum TH50をいじってみました。

今のところ順調です。

3月16日に届いて以来、色々と触っています。
インテルの第11世代i5 11320Hの能力がどんな感じ化を早く体感したいと思った次第です。

f:id:ken2017:20220319155323j:plain
インテルのCPUの型番表記は、下の図のルールに基づいて決まっています。

f:id:ken2017:20220319160302p:plain
従って、Core i5 11320Hとは、
製品名が、Core i5
世代は、第11世代
クロック数は、3.2GHz
性能は、H
ここで性能を示す記号は下の図ようになっており、Hとはゲーミングノート向けハイスペックCPUとなっています。

f:id:ken2017:20220319160554p:plain
ということで、手持ちのSurface Laptop2とベンチ―マークの比較をしてみることとしました。

Surface Laptop2のベンチマーク結果

Surface Laptop2に載っているCPUは、Core i5 7200Uです。
第7世代の低消費電力版CPUです。
ベンチマークソフトとしては、Cinebenchを使いました。
結果がコチラ。
マルチコアの結果が、1195で表示されているCPUの中で12番目(ドベ)
f:id:ken2017:20220319161734p:plain
シングルコアの結果が、480で表示されているCPUの中で12番目(ドベ)

f:id:ken2017:20220319161634p:plain
使う上で大きな不満はないものの、反応が遅いケースが出始めています。
SSDベンチマークもしてみました。
使ったベンチマークソフトは、CrystalDiskMarkです。
結果がコチラ。

f:id:ken2017:20220319162508p:plain
それではMinisforum TH50を調べましょう。

Minisforum TH50のベンチマーク結果

メーカのホームページには、下の図のような結果が出ていました。
マルチが5576でシングルが1435です。

f:id:ken2017:20220319162708p:plain
さて実際のものはどうなるでしょう。
その結果がコチラ。
マルチコアの結果が、5450で表示されているCUPの中で9番目でした。

f:id:ken2017:20220319162939p:plain
シングルコアの結果は、1419で表示されているCPUの中で2番でした。

f:id:ken2017:20220319163152p:plain
面白いのは、マルチコアで断トツ1番のAMD Ryzen 2990WXが、シングルコアでは6番手に順位を下げています。
これからするとコア数を増やしたインテルの第12世代のCPUの性能に対する評価が高い理由が良く判ります。
インテルAMDに負けていたのは、コア数で負けていたわけで、コア数が増えるとAMDを軽く凌ぐようになると思います。
ちなみにマルチの結果が高いCPUは動画編集などに強く、シングルの結果が強いCPUはゲームに強いと言われています。
Minisforum TH50のSSDはM.2仕様のSSDを使っており通常のSSDよr2倍以上高速になっています。
測定した結果がコチラ。

f:id:ken2017:20220319164224p:plain
Surface Laptop2と比べると2.5倍程度速いかなと思います。
ベンチマークの結果を見る限り、買ってよかったと思えるパソコンだと思います。
ますは、基本性能を調べたということで、今日はここまで。
では、また。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ